キラキラと光る木漏れ日
 
だんだん夏が近づいてくると、木からこぼれ落ちる光に目が行きますよね。
ふとした時に目に入る木漏れ日のキラキラとした光が、私たちの心を癒してくれるのではないでしょうか?
 
木漏れ日の形って、大きさも形も光の強さもそれぞれですよね。
そんな並木通りの木漏れ日が、道に広がっている情景からインスピレーションを受けました。
 
木漏れ日を彷彿させるような、デザインやカラーを楽しんでくださいね!
 




キラリと光る配色を楽しんで
 
「木漏れ日」の配色のポイントはどこかわかりますか?
ポイントは3つ!
 
1つ目は、光がキラキラしている木漏れ日を表現するために、全てラメ糸を使用していることです。
ラメ糸を使用することで、華やかさもアップしますね。
 
2つ目は、木の雰囲気を出すために、緑を基調とした配色をしていることです。
明るめのブルーには、同系色の明るい緑を。暗めのグリーンには、ネイビーのようにも見える深いグリーンの糸を使用しています。
 
この配色も、何度も組み合わせを考えて選んでいます。
たくさんの糸の中から選ぶのは、本当に時間のかかる作業なのです!
 
3つ目は、糸の濃淡で光の強弱を表していることです。
 
木漏れ日は光の強さによって、濃さが変わりますよね?
その木漏れ日の特徴を、色使いで表現しています。
 
また糸の濃淡をうまく利用して、平面的な刺繍に奥行きや立体感を持たせています。
立体感が出ることで引き締まったデザインとなっているので、その点も楽しんでくださいね。





複雑な円の連なり
 
木漏れ日はたくさんの円が連なってできています。
円の大きさによってイメージが変わってしまうので、デザインを考えるときは、何度も円の位置や大きさ、形も描き直しました。





やっと納得のできるデザインになったのですが、複雑な形ゆえに難しいことがありました。
それは、裏地を切る作業です。
裏地は毎回手作業で切っているので、今回の円が連なるデザインは制作に苦労しました。







ちなみに、表地と裏地を接着する時に少し反らせて貼ることで、立体感を出しています。
この少しの工夫で、アイテムの印象が変わることもポイントです。





また今回も、「見えないところもしっかりとこだわりたい」というポリシーから、裏面にも様々な工夫を凝らしています。
 
・金属との接着部分は布を2枚重ねにすることによって、金属のあとが表に出ないように
・肌に直接触れる表地は防水加工された布を使用し、水拭きをしてお手入れができるように
・粒の刺繍は裏に影響が出ると仕上がりが美しくないので、なるべく玉留めをせずに金具の取り付けで見えなくなるように
・生地は二重にして、さらに裏面にコーティングを施して頑丈にして、長く使っていただけるように
 
細部にこだわって制作しています。
その点にも注目してみてくださいね!
 


これだけで、スタイリングがグッと引き立つアイテム
 
キラキラと華やかな「木漏れ日」は、綺麗めで薄い素材の服と相性が良さそうですね!
コットンやリネンのようなナチュラルな生地よりも、ドレープのある柔らかん質感の生地が似合うかもしれませんね。
無地で白やネイビーのシンプルな服に合わせるほど、「木漏れ日」の良さが際立ちますね。







【木漏れ日 ピアス】
カラー:blue/green
価格:8,640円
商品ページ:
http://shop.mizuirotosiro.com/?pid=131726068
 
【木漏れ日 イヤリング】
カラー:blue/green
価格:8,640円
商品ページ:
http://shop.mizuirotosiro.com/?pid=131706228