ミズイロトシロの江戸風鈴

5,400円(税込)

「心地よい風に乗って聞こえてくる風鈴の音色」

江戸風鈴は、東京の東側で、職人により一つ一つ手作業で作られてきた伝統的な風鈴です。特徴は、切り口がギザギザになっていること。これは、透き通るような優しい音色を出すための工夫です。手作業により、宙吹きの技術で制作したガラスは、全て形、大きさ、音色が異なります。

伝統的な江戸風鈴は、マットな絵の具を使い、古典的な和柄が多いのですが、日本の伝統文化をもっと身近に感じていただきたいと思い、現代の洋室にも合うよう、ミズイロトシロがアレンジしました。透明の絵の具を使った、みずみずしい絵柄は、デザイナーが手作業で絵付けをした一点物。

形、音、柄、全てが違う、唯一無二のミズイロトシロの江戸風鈴。
チリンチリンと鳴る音を聞きながら、スイカやかき氷を食べたり、夕涼みをしてみませんか?
ぜひ、夏の風物詩としてお楽しみください。

【素材】
本体:ガラス、布

【サイズ】
本体:約80×80×80mm
短冊:約50×200mm

【Made In Japan】

※全て一点もので、音が違います。