光を手に採ることができたなら
 

世の中に確かに存在しているのに、目に見えなかったり、手に取れないものってたくさんありますよね?

これまでにもミズイロトシロでは、「深海」や「bubble」など、存在自体はみんな知っているのに、直接は目に見えなかったり、手に取れない、触れられないもの、そういった曖昧さの中にある美しさや冒険心をインスピレーションとしてデザインしてきました。



(アトリエ近くの隅田川で発見した光の水面の輝きからインスピレーションを受けた和田デザイナー)

今回のコレクションコンセプトは、「光の採手」

「光」は私たちの生活に、様々な影響をもたらしています。
それは「明るい」といった利便性だけではなく、例えば水面にキラキラと輝く光の反射に美しさを感じたり、夕焼け雲の間から差し込む光の筋に心を鷲掴みにされたりなど、私たちの「こころ」にも大きな影響を与えているのではないでしょうか?

子供の頃虹を見て、「触りたい!」や「虹に乗ってみたい!」といった子供ならではの想像力や冒険心がこころを掻き立てた経験が、皆さんにもあるのではないでしょうか。

そんな光は、目には見えても、実際に触ることができません。不思議ですよね?

今回はそんな光を集めて、手に採ることができたら、との思いでデザインをしました。
街中できらめく光のもたらす美しさ、そういった日常にあるふとした瞬間を皆さんにももっと楽しんでいただけたら、と想いを込めています。


 


商品のご紹介

1 光の採手
あの日見たキラキラを、包み込んでとっておきたい

http://shop.mizuirotosiro.com/?mode=grp&gid=1784513 

2 光粒
小さな粒が広がって、無限の光の世界に

http://shop.mizuirotosiro.com/?mode=grp&gid=1784514

3 オーロラ
オーロラのような、色とりどりの、光のカーテンをまとえたら

http://shop.mizuirotosiro.com/?mode=grp&gid=1784515? 

4 ホタル
ホタルのように、自ら輝いて、強くいたい

http://shop.mizuirotosiro.com/?mode=grp&gid=1784516
 

5 おっきな満月と新月
満月と新月に 思いを寄せて

http://shop.mizuirotosiro.com/?mode=grp&gid=1784517





本コレクションの見どころをご紹介!

今回はブランド初となる金属製にチャレンジ!

いつも、ファブリック+異素材を素材として使用していますが、春コレクションにある「光粒」は金属にチャレンジしました。
1から丁寧に作られたこの金属は、ミズイロトシロだけのオリジナルデザインです!

特にこだわったのは、金属の質感。
「光の採手」というコレクションテーマを反映させるために、マットに仕上げ、微妙な光の変化を捉えて表情が変わるデザインを実現しました。ちょっと白っぽく、やわらかで、自然な光の加減をお楽しみください。





「光」を気分によって使い分け

カラーは、ミズイロトシロらしい水色や白に加えて、今年の春の流行色であるラベンダー色も追加しました。
あえて耳元と首元の色をかえるのもいいですね。
またサイズ感も、トレンドである大ぶりなものから、洋服のスタイルを選ばない小ぶりなものまで幅広く製作しました。
小ぶりなものは2個付けしても可愛いですね!
その日の気分によって、様々な楽しみ方をしていただけたらと思います。





ミズイロトシロは、アクセサリーを手にとったときから、想像を膨らませて楽しんでいただけるように、という思いを込めて商品を作っています。
今回は様々な「光の採手」をお楽しみください!